生体電流の源(コリン電線)

 生物体(細胞体)の中を流れる生体電流は植物も昆虫も動物も皆一緒、それはコリン分子が連鎖した「コリン電流」と呼ばれるものであり、身体の各器官や個々の細胞が有しているものです。コリン分子が生み出す電流(水素原子磁束)とは無論、地球生物だけの特権では非ず、この宇宙に生息するあらゆる生物が皆備えており、そんな当たり前の宇宙常識を知らない文明人は地球人だけだと非難されても仕様が無いかも知れませんね。地球人の医学や生物学に従事する専門家に言いたい事は、先ずコリン分子の特定を行い(コリンは栄養素では無い)、それらの電流線が生物体の一体何処に配置されているのかそれを見極める事が先決、その確認が出来てから改めて病気に取り組んで欲しいと願っております。

 

 銀河標準科学から言わせてもらえば、一般に神経電線と言えば、コリン分子が基本構成物の「不随意神経」と、アクオン電線と呼ばれる水の分子磁束が流れる「随意神経(運動神経)」に分かれます。これらの神経電流の大きな違いは、アクオン電線とは大脳のアミロイド蛋白(脳みそ)から発してそこに宿っている人間の意識を手足などの末端組織に伝えるものであり、自己の意志(心)とは無関係に作用するコリン電線とは根本的に異なるという事です。つまり自分の意志で動かす事が出来る神経電流と、自分の意志とは無関係に動いている器官(例えば心臓や肝臓など)を司る神経電流は別物であって、当然電流自体の質も全く違うものだという話なのです。

 

 地球科学では神経電流とはNaなどのイオン分子が生み出すものだと定めていますが、それは真理とは真逆であり、神経内に電流が走っているから周囲のイオンが神経表層に引き寄せられているに過ぎず、原因と結果を正反対に受け取る幼児的な転倒発想は止めましょう。そもそも一般電流も、電子が配列した電子バイパスの中を走る「電子磁束」に他ならなく、それらは玉磁石を連結させた磁石バイパスの中を「磁石の磁束」が走り抜けるのと一緒の理屈なのです。アクオン電線とは水の六員環分子が数珠状に連鎖した水分子バイパスの中を六員環磁束が流れるもの、そしてコリン電線とはコリン分子バイパスの中を水素原子磁束が流れるもの、いずれも流れる磁束そのものを電流と表現しているのです。

 こうした電流概念が正しく定着しないといつまで経っても電流の定義が曖昧となり、生物体を動かしている本源の力を見定める事が出来ません。オリオンが地球科学に介入して物理学や医学を歪めたにしても、「常識」で判断すれば、宇宙科学が正しいのか、それとも地球科学が正しいのか、その位の判断力は読者にはあると思われます。さて今回の知見は、生物体の基本であるコリン電線の話です。一個の細胞体の赤道部を取り巻く「細胞コリン電線」、体の臓器電磁場を生み出す「臓器コリン電線」、交感神経や副交感神経といった自律神経を奏でる「神経コリン電線」、大脳周囲を取り巻く「大脳コリン電線」、小脳周囲を取り巻く「小脳コリン電線」、眼球を取り巻く「眼球コリン電線」など、人体には無数のコリン電線が走っています。

 一例を上げて説明しますと、例えば肝臓には4本の臓器コリン電線が縦に走っており、それぞれがループ状に肝臓を取り巻いています。それらが複合的に電磁場を形成し、全体として肝臓電磁場という独立した器官場を形成しています。従って500種類とも言われる多機能の肝臓機能も、四つのコリン電磁場によって大きく四つの機能に分かれており、腹側は胆液生産に象徴される様に、血中タンパク(アルブミンやグロビン)などの生産分泌場であり、次が44種の消化補酵素を生産したりアルコールを分解したりする場です。三つ目は血糖値(血中グルコース濃度)や血中イオン濃度を調節する場であり、また一番背中側の四つ目がグリコーゲンの貯蔵や毒物などの貯蔵に関わる場と言えます。臓器コリン電線は20本のコリン分子鎖から構成されており、肝臓には合計で80本のコリン繊維が走っています。

 

 

 生体肝移植ならばまだしも、肝臓の部分移植の場合は縦に取り巻く四本のコリン電線をメスで切断してしまうケースが多く、コリン電線の存在を知らない外科医が何度も同じミスを重ねて患者を死亡させてしまうという医療事故が良く発生しています。それは無知から来る事故、医者を神様の如く信用するのは如何なものかと思われます。地球人の彼等はまだ医学を知らない智慧遅れの学生だからです。臓器コリン電線は肝臓のみでは無く、肺(2本づつ4本)、心臓(3本)、膵臓(2本)、腎臓(2本づつ4本)の五箇所だけですが、こうした初歩的な医学知識が無いのに切開手術など100年早いと言えましょうか。ちなみに宇宙医学では人体にメスを入れる事は決してありませんし、ましてや臓器を切り出すなんて野蛮過ぎて狂気の沙汰と言えます。別に体を切り開らかなくても、骨折も脳腫瘍も脳出血も癌も全部治療できるからです。

 大脳コリン電線と、小脳コリン電線と、そして自律神経コリン電線はいずれも60本のコリン繊維から成り立つ極太の電線です。この内ループしているのは大脳と小脳を取り巻くコリン電線ですが、いずれも大脳電磁場と小脳電磁場を形成する電線であり、この電線の弱体化(60本の繊維が切れて電流量が不足する)が主にボケや認知症や運動障害を引き起こしています。一般的にはコリン電線の中のコリン繊維が30%以上欠落した場合、目に見える病状が出て来ると言われています。臓器コリン電線では繊維が6本以上切れた場合(6/20)、また大脳コリン電線では繊維が18本以上切れた場合に(18/60)電磁場の弱体に伴う組織異常が確認されるのが普通です。コリン電線は特に放射線に弱く、線量が高い場所に数時間居ただけでも大脳コリン電線が複数本切断されて脳障害(初期の場合は憂鬱症状)を引き起こします。

 我々の調査では日本人のお年寄りの大半の方がRAS被爆やRAD被爆を被っており、70才ともなれば大脳コリン電線の30%から40%を失っているのが普通、認知症の程度はコリン電線が何本切れているか、それによって定まると言っても過言ではありません。コリン電線がやられて大脳の全体電磁場の出力を失ってしまうと、脳アミロイドが破壊されて大脳基底核収縮やアルツハイマー収縮、あるいはパーキンソン病を併発してしまい、痴呆に向かって真っ逆さまに落ちて行くだけの話、そうなってしまうと空の上の自己の位相とも連絡が取れず、自分の名前はおろか自宅まで思い出せなくなってしまいます。宇宙医学では脳電位を増幅する脳ループ管の装着や、コリン電線修復でそうした病状を抑制できますが、現行の地球医学では全く太刀打ち出来ないのが現状、可哀想なのはお年寄り達です。

 ちなみに脳アミロイド蛋白は古くなって変性した部位(β化)を取り除くと、お年寄りでもたった四、五日間で再生するものなのですが、地球医学では脳を物理的に切り開かない限り取り出す事が出来ませんね。無論、切れたコリン分子を繋ぎ合わせて切断部を解消するといった芸当も出来ませんし、頭に装着する脳ループ管(増幅管)すら作れません。この程度の事が出来ないと医学とは言えないんですね。我々は勿論治療する事が出来ますし、これまでそうした患者を幾人も助けて来た実績があります(治療費は取らない変わりに患者の選定基準が厳しく、一般の方は殆ど診察が受けられない)。皆様は地球医学は進んでいると思っているかも知れませんが、現実は最低を極めており、人体の中にホルモン分泌腺が88箇所ある事実すら知らないのです。西欧アンポンタン医学を捨てて、最初の一からやり直して頂きたい、それが我々の願いでしょうか。

 先ずはレントゲンやMRIなどという原始的な医療装置を卒業しないと人体の内部をちゃんと眺める事が出来ませんね。医療道具の発達が無ければ臨床医学の発達も無く、病人は姥捨山行きの運命から逸脱出来そうもありません。それよりも地上の放射能汚染はこのまま放置した状態でいるのでしょうか。本当に全滅しますよ地球人は。


真理の糸

 光速度よりも速いものがあるのか?  と問うと、多くの科学者は今のところは発見されていないと答えます。皆アインシュタインの弟子なのだから、師匠の持論を支持しないのは一体なぜなのでしょう。彼らは、たとえ相対性理論でも一人の人間の理論、本当に正しいかどうかは分からないと思っている様です。それならまだ少しは救いようもあるというものです。

 波形運動は媒質を揺する運動であり、直進運動と比較すると、ギザギザの反復行程がある分どうしても遅くなってしまいます。もし光がギザギザ運動をせず、延べ単の直進運動をすれば秒速30万Kmどころの話では無くなってしまいます。その理屈は誰にでも分かる筈です。だがそんな屁理屈をいくら主張したところで、実際には光より速い速度のものは発見されて無いのだから信用できん、というのが一般の地球人感覚ですが、我々人類は本当に光速度を上回るものを知らないのでしょうか?

 空間媒体である気(fozon)の存在仮定を、単に計測不能という理由で拒否して勝手な真空宇宙論を展開し、光を粒子にしてしまった我々人類は、肉眼や計器で確認できるものしか信用しないという、それ以上の成長や進化の芽を削がれた盲目の閉塞状態に陥っています。一度真理の軌道から外れた科学は、本道に戻るまで永久にカオスの海をさ迷う破目になるのです。その盲目地獄の真っ只中にいるというその認識が一番無いのは当事者である科学者本人に他なりません。もしその奈落の底から本当に這い上がりたいと思うなら、たった一本の真理の糸を手繰って上まで登るしか手がありません。その真理の糸とは、その昔デカルトが照らし出してくれた、科学が辿るべき 「真理に通じる小路」 の事です。そこが地球科学のターニング・ポイントであって、そこから新たに再出発する以外に方法はありません。

 さて光というものは、磁場の振動が空間媒体を介して伝わるもので、その本質は回転運動を直進化したものです。一個の陽子という回転する渦磁場が外界から何かの衝撃を受けると、それ自体がぶれ振動を起こし、その振動が波と化して周囲の気を介して伝わります。磁場は陽子だけではなく、電子も原子も分子も備えており、それぞれの磁場サイズによって誕生する波の波長が異なります。それは大気という空間媒体の中で太鼓を叩くのと一緒の理屈であって、小さな太鼓を叩けば細かい波長の振動波が、大きな太鼓を叩けば大きな波長の振動波(音波)が発生します。波に関してはわざわざ難しく考える必要はどこにもなく、磁場の皮膜(磁壁)と太鼓の皮膜は原理的に一緒だと言えます。実にデカルトが主張したその通りであって、そもそもニュートンが空間媒体の存在を無視したから、マクスウェルやアインシュタインによって盲目の海へ投げ出される破目になっただけの話に過ぎません。

 回転運動があれば、直進運動もあるのがこの世の道理というものです。光の波形運動はその発生メカニズムから考察しても、回転と直進の混血児と言えるもので、純粋な直進運動とは呼び難いものです。果してこの宇宙に純粋な直進運動と呼べるものは本当に存在するのでしょうか? そこにちゃんと存在しているのに目の前にあるものに気が付かない、目を開けているにも関わらず、実際には見えていないから盲目状態だと酷評されます。この宇宙にたった一種類しかない、その唯一無二の存在に気が付かなければ真理に到達する事はできないのです。それは一体何なのでしょうか。

そもそも我々の目に映るこの世界は 「虚の世界」 であり、「仮の姿」 を呈しているものです。地球という中心物体に捕らわれればその本質である渦磁場が見えない様に、その 「仮の衣」 を剥ぎ取ってその本体を見なければ真実の姿は一向に見えて来ません。実は回転運動も波形運動も本当は 「仮の姿」 に過ぎなく、実際の宇宙運動とは皆 「直進運動」 なのです。この世はたった一種類の 「力線」 が描く 「直進の世界」 であって、詳しく論じれば 「作用力線」 と、それから生じる所の 「反作用力線」 という陰陽の異なる二つの直進力線が奏でる 「直進運動の世界」 というのが真実の姿なのです。

 回転運動の実体が、一本の単位ベクトル(作用力線)の四角形運動によるもので、その単位ベクトルから生まれる反作用ベクトル(磁力線)が正八角錐形の三次元立体を形成しており、更にその反作用ベクトルから重力線が誕生して来ます。これは力の進化と呼べるものですが、その大元は気流(気の直進流)が生み出す一本の作用力線がその原型と言えます。作用力線ー反作用力線ー重力線という 「力の進化」 こそ生命進化の本質であって、実はこの重力線こそ意識の実体であり、生命の本源の姿なのです。この話は次の機会にするとして、いずれにせよこの宇宙は直進の世界であり、見せ掛け上の球体の世界に惑わされてはいけないという話です。

 ところで重力線(重力ベクトル)の入力速度、そして反作用ベクトル(磁力線)の速度、あるいは作用力線の速度は皆一緒です。特に重力線速度と意識速度は一緒のもの、これらは皆光の速度を延べ単にしたものと同じであり、光速度を遥かに上回るものです。そもそも光の波動運動も、作用力線と反作用力線の反復運動から成り立っており、宇宙の 「力の世界」 の中では光速度が最も遅い事を知って欲しいと思います。ここまで語ってもまだ貴方はアインシュタインを我が師匠だと思いますか? 彼は一地球人、宇宙を実際に見た事も無い、仮の姿に翻弄されるただの人間に過ぎません。

 


放射線と癌の因果関係

 地球医学が放射線と癌の因果関係を正式に認めていない事から、高濃度RAS被爆を被り甲状腺癌などに苦しむ福島の住民が可哀想ですが、しかし原子炉の放射線被害は被災地住民だけの話では無く、世界中の人々がその被害を被っているのが現状、特に癌病は今や二人に一人の発生率であり、このまま進行すれば地球人類は癌で滅ぶだろうと言っても過言では無い事態だと思われます。残念ながら地球医学では癌病の根本原因を未だに掴めておらず、なぜ正常細胞が突然変異の如く癌化して行くのか、そのメカニズム自体が分かっておりません。地球人類が癌化のメカニズムを解明する為には、正しい物理学、正しい化学、正しい医学を身に付けなければならず、現行の西欧医学主導のお粗末な科学レベルでは「無理なのかなー」と感じております。

 「癌とは何ぞや」それが未だに分からない医学の現状、結局分からないから遺伝子(DNA)に原因を求めていますが、癌発生に関して遺伝子は基本的に無関係、そういう難しい問題ではありませんね。一個の生体細胞が共通の電荷や電位を備えている事を考えれば、個々の細胞には赤道電流が走っており、細胞全体が電磁場に包まれていると理解しなければならないのです。そうした電磁的な観点から癌細胞と正常細胞を比較すれば、普通は正常細胞が左電荷(電流の方向が左巻)を呈するのに対して、なぜか癌化細胞だけが右電荷(電流の方向が右巻)を呈しており、赤道電流の方向も真逆なれば、またその電荷も「反電荷」を呈しています。癌化のメカニズムを本当に解明したいならば、先ずはこの点から入らなければ真理を追跡する事ができません。

 ある医学者が私の文章を読んで「なるほど」と納得し、一個の細胞を電磁学的な観点から眺めようと試みました。癌細胞と正常細胞をそれぞれ真水に浮かべて電荷計測を行なった結果は、確かに両者は真逆の電荷を呈しており、電磁的には癌細胞とは「反電荷細胞」である事実を確認しました。しかし彼はその後大きな障壁に突き当たってしまいます。その大きな障壁とは「電流とは何ぞや」という問題であって、細胞の赤道部を貫いて走っている筈の電線の正体も分からないし、またその電線の中を一体どんな電流が走っているのか、皆目見当も付かなかったからです。生物の体に電気が流れている事実は誰もが承知の事実、でも現行の科学では「生体電流」と表現しているだけで、分かっている事は一般社会で使用される電流と生体電流は別物であると言う事のみ、それに関する物理的な研究は何も進んでいないのが現状です。そもそも地球人は一般の電流も正体すら良く分からないままに使用しているのです。

 地球人が癌化のメカニズムが解明できない理由は、基礎的な学問が間違っているからであり、嘘八百屋町の西欧アンポンタン科学を真に受けてしまったからだと言えます。「全ての学問を最初からやり直さないと科学を本来の軌道に戻せないよ」と宇宙人であるこの私はそう言いたいのですが、それなら余りにも無責任な傍観者、非協力的だと非難されるのも嫌なので、こうして知っている事実を皆様に公開にしている訳です。我々の宇宙は「左優化」の世界であり、銀河団も銀河系も太陽系も惑星系も、大半の天体は左回転を示しており、それは惑星の子供である一個の細胞体にも引き継がれています。無論、右回転の天体も存在しますが、生命を宿す天体は左回転のみと定められています。生物の体はたった一個の受精卵からスタートしており、それが60兆個に派生分化したとしても、それらの体細胞には皆一様に左巻電流が走っており、左電荷(正電荷)を呈しているのが普通です。

 一個の細胞の赤道部には表皮膜の内部に電線が走っており、その電線名称とは「コリン電線(コリン分子がループ状に繋がったもの)」であり、そこに流れている電流とはコリン分子の水素原子配列を伝搬する「水素原子磁束(電流)」であって、その磁束回転が生み出す細胞電磁場こそ「細胞の命」と言えます。当然、左電磁場でも反対向きの右電磁場でも両方とも生命と言えますが、体全体が一つの大きな左電磁場を呈している事から、その内部で右電磁場(反電荷)を呈する細胞は基本的に「異端分子」、生体の意向に沿った「お利口ちゃんの存在」ではありません。反電荷細胞は体の秩序に従わず勝手な振る舞いをする事から、免疫抗体の処理対象となっています。さて、問題は左電荷の身体なのに、どうして右電荷の細胞が誕生して来るのか、つまり左回転している筈の電流がどうして真逆の右回転に変化してしまうのか(癌化してしまうのか)、ここに癌発生の根本原因があります。

 細胞の赤道コリン電線を分子眼(分子レベル)で観察すると、コリン分子のメチル基が等間隔にループ状に配列して水素原子電流を一定方向に絶えず流しており、細胞の命である所の電磁場を形成しています。当然もしコリン電線が切断されてしまえば、細胞は自らの電磁場を失う事になりアポトーシス(壊死)を引き起こす事になります。本音を言えば、癌化するぐらいならば一層の事死んでくれた方が無難なのですが、どういう加減なのか、コリン電線に対して電磁的に大きな電圧が付加されてしまうと(降伏電圧が付加されると)、メチル基の水素原子が一斉に極を反転させて真逆の電流を流してしまうのです。半導体の研究で明らかになった様に、降伏電圧による逆電流の発生が細胞単位でも起こる訳です。しかし現実問題として、コリン電流を強制的にその向きを変えてしまう程の強烈な電圧単位が生体には存在するのでしょうか?

 ここで登場して来るのが放射線照射や化学処理で誕生して来る「素粒子ラジカル」という電磁的なバケ物の存在です。ラジカルと言えば有名な物が一杯ありますが、硫酸ラジカル、硝酸ラジカル、塩酸ラジカル、フッ化ラジカルなどを筆頭にして、農薬のパラコート・ラジカル、劇薬(抗癌剤)のジェーン系ラジカル、発癌物質のダイオキシン・ラジカル、毒ガスのサリンラジカル、毒物のエンテロキシン・ラジカルなどが有名ですが、身近な所では「水ラジカル」であるハイドロキシ・ラジカルが有名です。これらの素粒子ラジカルの共通特徴は、含有している水素原子の軌道電子が奪われて、素粒子のプロトンが裸の状態で居るという事であり、化学上は硫酸とはH2SO4と表記されても、事実上は水素原子では無く水素原子核状態である事です。つまり硫酸は「・・SO4」、塩酸は「・Cl」、フッ化水素酸は「・F」と表記するのが正しい訳です。「・」とはプロトンの事です。

 さて水に硬X線やガンマ線などの放射線を打ち込むと、H2Oの水素原子の軌道電子が吹き飛ばされて水の素粒子化が起きます。コップ一杯の水でも内部にはハイドロキシ・ラジカル(・OH)や、オキソニウム・ラジカル(・H2O)や、ビラジカル酸素(・・O)などが大量に発生し「被爆水」へと変化してしまいます。単なる水と被爆水の大きな違いは、被爆水の中に髪の毛を入れると溶けてしまう事でしょうか(硫酸や硝酸と一緒)。原発が分間何百トンもの被爆水を海に放出している事を考えれば、海の生態系が破壊されている事は勿論、原子炉から漏れ出すRASやRADガスの事を考えれば、人間の身体内部にも相当量のラジカル分子が入り込んでいる事は確か、実はこれらのラジカル分子が癌発生に大きな作用を及ぼしているのです。通常の酸素原子が有する酸化力の約50万倍もの電磁力を有するのがラジカル分子の特徴、細胞のコリン電線に降伏電圧を及ぼす発癌物質がそこら中に存在する事は確かなのです。

 血中に浮く一個の血球細胞を例に上げれば、ラジカル濃度が高い血液の方は血球のコリン電線がいつでもラジカル分子に酸化される(電子を奪われる)状態にあります。コリン電線を構成する水素原子配列こそ電線の当体、その水素原子が酸化されて電子を奪われてしまえば、コリン電線そのものがラジカル化して分不相応な巨大な電磁力を有してしまう事になります。電圧が付加される方向が左方向ならば単なる電磁ショックで終わりますが、もし反対の右巻方向に付加されてしまうと、強烈な逆バイアス電圧がコリン電線全体の向きを一瞬で変えてしまう事になります。細胞に逆電流が走った瞬間、全ての記憶が初期化されてしまい、その細胞は突然自己の役割を忘れて無知文盲なパー細胞と変化し、ただ本能のままに食べて増殖する事しか知らない原始細胞へと変わってしまうのです。これが癌化のメカニズムです。細胞の癌化にDNAなど全く無関係、西欧アンポンタン科学こそ地球人を無知にした犯人だと言えましょうか。

 ところで現況の環境下に於ける地球人の癌発生率は、どなたの場合も一分間に約1000個程度の発生率、その癌発生の多くが血球細胞から始まります。その割に癌病が発生していない理由は免疫抗体が働いているからであり、免疫力を落とせばあっと言う間に癌病が発生して来ると考えられます。癌化した血球が組織に付着して組織癌が発育するのが普通であって、組織癌が血液に浸潤して癌転移が起こるというアンポンタンな考え方は止めましょう。現代西欧医学は物事の考え方が本末転倒している様です。癌細胞の根本原因は水ラジカルの存在、一番最初に癌化するのが血球である事ぐらいは容易に想像できると思われます。

 


RAD(ラド)とRAS(ラズ)

 核燃料を燃やす原子炉は、別に地球人類だけの話では無く、現行の宇宙人の中にも未だに原子炉を扱っている惑星人が多少居ます(地球人を含めて4惑星で核燃料が使われている)。我々が住む天の川銀河系では原子炉という核反応を利用したエネルギー生産炉を最初に開発したのは琴座のベガ星人であり、核爆弾の平和利用という形式で、今から51万年前には実際に稼働させていました。ベガ星人は結局のところは放射線で惑星ごと全滅してしまう訳ですが、地上の全人類を滅ぼした直接の原因は核爆弾では無く、原子炉から蒸気として放出されるラド分子(radio active dew)とラズ分子(radio active dew sievert unite)だったのです。

 核分裂反応の副産物とは、いわゆる不安定な遷移元素である各種の「放射性核種」ですが、地球科学がそれらをどの様に分類しているかは別問題として、宇宙の一般常識では大きく二つに分類されており、原子質量の小さな不安定各種の塊(RAD分子: 原子量が50未満の放射性核種)と、大きな原子量の不安定核種の塊(RAS分子: 原子量が50以上の放射性核種)という二種類の区分けが一般的です。原子炉から放出される放射線量の値は、一般的には目に見える(計測でき得る)RAS分子(例えばセシウムなど)の放射線量が問題視されていますが、線量計でも計測が難しいRAD分子(放射線の飛翔距離が1~2mm)に関しては、地球科学はその存在自体を無視しており、その様な危険物が原子炉から放出されている事自体を公には発表していません。

 メルトダウンを起こしてしまった壊れた原子炉から排出されるのはRAS分子とRAD分子、炉内に発生した水素ガスの爆発を恐れて強制排気(ベント)されてしまうと、小さな気体分子であるRADガスは列島を包んでしまうばかりか、偏西風に乗じて世界中を駆け巡る事になります。それらの放射性ガスは呼吸によって人間の身体に直接取り込まれてしまうばかりか、髪の毛や頭皮から侵入して大脳に直接被害をもたらし、更に飲み水や食べ物に降り注がれ、人体の奥へと取り込まれてしまいます。結局人体に侵入した放射性ガス分子は血液を介して肝臓にプールされて、体内被曝を起こし続ける事になります。RAD分子の脅威は、水分子から電子を奪って「水ラジカル(ハイドロキシラジカルやオキソニウムラジカル)」を発生させる事であり、体液内のラジカル濃度を高めて「癌病」や「糖尿病」や「血管血栓」などの症状を誘発させてしまいます。ベガ星人はそうして全滅に至りました。

 これは公にはされていない不確実情報ですが、七年前の3.11東北大震災で被害を受けた原子炉は、福島第一原発と福島第二原発と女川原発と東海原発という四ヶ所、自然災害ですから電力会社の罪は問えませんが、これらの原子炉がそれぞれ年に数回は強制排気を行なっている事は確か、その度に日本国内のRAD濃度が急上昇しています。電力会社の罪とは風評を恐れて震災によって受けた原子炉のダメージをオープンにしていない事と、正月とか連休とかお盆などの祭事期間を狙って定期的なベント排気を行なっている事でしょうか(関心をそらし隠蔽するため)。またその事実を隠し続けている政府にも問題がある様です。しかし隣国の韓国でもメルトダウン事故は起きており、古里第一原発と古里第二原発とハンビッ原発の三箇所が常に強制ベントを行なっている様子、また震災後も岩国の米軍基地内の軍事原子炉や、日本国の新潟県の軍事原子炉などでも事故が発生してメルトダウンが起こっています。

 ここ数年の地球のRAD濃度の急激な上昇は異常、北海道では毎年雪がブルーの蛍光色を放っており(核反応によるチェレンコフ発光)、大気中に一体どれ程の物量のRAD分子が含まれているのか推測も及ばない状況です。また、ロシアと中国とアメリカの原子炉の多くが老朽化してメルトダウンを起こしており、おそらく世界中では100基程の原発原子炉及び軍事原子炉が強制排気を行なっていると推測されます。我々の調査でほぼ確実だと思われる壊れた原子炉の保有国は、日本(6箇所9基)、韓国(3箇所4基)、中国(8箇所8基)、ロシア(30箇所45基)、アメリカ(30箇所50基)、その他多くの国家に上ります。原発が世界中で建設された年代から、癌と糖尿と血管梗塞系の病や認知症がうなぎ登りに上昇しており、これらの病気の主原因が放射性ラジカルにある事は確か、つまりこれらの現代病は歴然とした公害病だと言える訳です。

 オリオン帝国の術中に嵌ってしまった地球人は、核爆弾に魅了される余りに自ら未来を潰す結果を招いてしまいました。銀河系では過去に何百もの惑星人類が核を操作して滅んで行った経緯があり、今時の宇宙でそんな野蛮な行為を行なっている民族は希少価値でしょうか。物理学者のみならず医学者までも含めて、地球人は無知で馬鹿で愚かである事を自覚しなければなりませんね。高が電気を起こすのにどうして核燃料が必要なのでしょうか。進んだ文明を持つ我々には愚かな地球人の行動は考えられない話です。ところで原発は別にガスを排出しなくても大量の冷却水(被爆水)を放出しており、高温の強烈なラジカル水を海に放出しています。それらのラジカル水蒸気が雲となって酸性雨をもたらしているのです。原子炉から冷却水が放出される海岸の生物を良く観察してみましょう。

 被害を受けて変性しているのは別に魚類や海草類だけではありません。海中に生息する菌類の変性(変性大腸菌)や、海洋生物に寄生している固有のウイルスなどがラジカル変性を起こしてノロ・ウイルスやロタ・ウイルスとして陸上にまで進出して来ている事は確か、また酸性雨(ラジカル雨)は大地に浸透して土中のバクテリア(グラム陰性菌など)を病原体に仕立て上げています。関節の病の大半が変形グラム陰性菌の内毒素が原因となっており、またそれらは非公認免疫(サイトカイン)を発育させて重症筋無力症やALSや器質化肺炎やベーチェット病やバージャー病などの難病まで引き起こしているのです。地球磁場圏が衰退している現状の下では、別に原子炉や核爆弾からの放射線ばかりが公害とは言えず、太陽放射線もかなりの被害をもたらしています。

 家の中ではLED照明(放射線光)からの光を浴び、またTV画面や携帯画面からも放射線光が出ており、また人工放射線(電磁波の事)も常に浴びている状況、外に出れば太陽放射線を浴びるばかりか、吸気の度に放射性ガスを吸っているという現状では放射線漬けの毎日、体がおかしくならない方がおかしいと言えるかも知れません。そんな汚染環境が生物界にも大きな影響を与えている事は当然の話、地球は人間だけが住んでいる惑星ではありません。プリオン病は植物の「ノイバラの固有寄生ウイルス」の変性株が主原因、またエイズ病はアフリカの固有の灌木に宿るウイルスが変性したもの、もともと無害な菌やウイルスがラジカル変性によって病原体に成ってしまったものです。

 放射性ラジカルは菌やウイルスの変性を促すばかりか、毒成分の分子変性も促し、新しい病原体や新しい毒素を次から次へと誕生させてしまいます。ちなみに生物種は皆種固有のウイルスを保有しており(人間にもある)、マダニにはマダニ専用のウイルスが、蚊には蚊専用のウイルスが、蘭には蘭専用のウイルスが、またオキアミ(エビの一種)にはオキアミ専用のウイルスが宿っており(それがノロウイルス)、海藻のケルプにはケルプ専用のウイルス(それがロタウイルス)が宿っています。そして一般にインフルエンザ・ウイルスとは昆虫ウイルスを指しており、ロシアや中国の西域で大量発生した昆虫類が冬季に死亡して、その亡骸から軽いウイルスだけが風に運ばれてやって来るものです(風媒ウイルス)。ちなみにスペイン風邪で有名な「H1N1ウイルス」とは、カザフスタンの北のロシアの湿原地帯に生息する蚊の一種の専用ウイルスです。インフルエンザ・ウイルスの場合は毎年異なる磁気型の亜種変性を示しますが、時折ラジカル変性を引き起こしてとんでもないバケ物ウイルスに変性する場合もあります。

 RAD分子によるラジカル弊害はアトピー性皮膚炎を引き起こす「黄色ブドウ球菌」にも及んでおり、菌株そのものが変性した結果、今や12種類の外毒素を備えております。皮下に潜った菌を退治する事も容易ではありませんが、12種類もの派生毒を身体から除去するのは至難の技であり、原因は突き止めても治療する事が難しい状況です。毎年春先になると発症する生物の生殖フェロモン・体感受アレルギーや、植物の花の香りの体感受アレルギー、あるいは杉花粉などの花粉症アレルギーも、フェロモンなどの臭い分子がラジカル酸化されて強烈なアレルギーの原因となっています。これまでは何も感じなかった生物フェロモンに過敏に反応するのは、フェロモン分子がラジカル化されて鼻粘膜に付着して結合してしまうのが原因であると考えられます。粒の大きな花粉も表面が酸化されて、咽粘膜や鼻粘膜と強く結合してしまう事から、普段発症しない花粉にまで敏感に反応してしまうという症状が起こっています。

 ラジカル分子と言えば、有名なのが「水ラジカル」であり、学問的にはハイドロキシ・ラジカル(・OHと表記する)と言いますが、この分子基の特徴はH2Oの二つの水素原子の一つが電子を奪われて、酸素原子と素粒子のプロトン(陽子)が結合している状態を指しています。別名は素粒子ラジカルもしくはお化けラジカルと称されていますが、この分子の結合力の強さは酸素原子の化合力の約50万倍に及び、まるで瞬間接着剤の様に物と物とを化合させてしまう電磁的な力を有しています。この様に水素原子の軌道電子が奪われて原子核のプロトンが裸で分子間に存在する場合を「ラジカル状態」と宇宙では定義されています。重要な認識は、放射線の照射を受けて電子を失って形成されたラジカル分子は、逆に電子を供与してやると元の水分子に戻るという事実です。しかし元の形状に戻る為には身体の何処かから電子を奪わなければならず、そのラジカル分子が他の有機物の構成水素から電子を奪った場合は、自分は元に戻っても今度は相手の方がラジカル化してしまう訳です。

 一個の水ラジカルが血球表面の水素から電子を奪い去れば、血球表面の分子がラジカル化して普段の何万倍もの吸着力を備えてしまい、血球同士が付着し合って団子状態に絡み合ってしまいます。つまりサラサラ血液がドロドロ血液に変化して、血栓ができ易い状況を作ってしまう訳です。仮にもし水ラジカルが血中のグルコースの単分子を酸化してしまった場合、それはグルコース・ラジカルへと変異して、そのグルコースがタンパク質と化合して離れなくなってしまいます(糖化反応)。例えばホルモン分泌腺がラジカル・アタックを受けた場合、ホルモン分子同士が癒着し合って分泌腺の放出口を塞いでしまい、それによる新たな病気を引き起こしてしまう場合もあります。放射線の本当の恐しさとは原子や分子単位に変化をもたらしてしまう事であり、もともと変化を好まない身体内の安定環境や相互バランスを崩してしまう事なのです。

 国々が競って原発エネルギー獲得作戦に出た惑星では、生き残る人間は結局誰も居なくなるという恒例のパターン、現行の地球は真っ逆さまに破滅に向かっている訳であり、そんな危機感を抱く人間がこの地球には一体どれ程居るのでしょうか。一台の原発が強制ベントを行なえば、日本国は約三ヶ月間RADガスに汚染されて、家の前の車道にも、学校の校庭にも、家の裏庭にもぶ厚い放射性ガスが堆積する事になります。時には30cmから1mにも達する場合があり、そんな醜悪な環境で健全に暮らせる筈がありませんね。外出する度に髪の毛にはガス分子が付着し、それらは頭皮の毛穴から皮膚に入って大脳が直接被爆される事になります。長く生きれば大脳コリン電線が徐々に切断されて、認知症やボケが進行するのも当たり前の話、それが有名なRAD汚染なのです。こうした話を聞いても「マジか?」で済まされてしまう現代社会、馬の耳に念仏状態とも言えますが、どの道地球寿命も後僅か、馬鹿は救われない原理に鑑みれば、地球人の場合は良いんじゃないでしょうか、このままでも。

 


オリオン牧場の似非科学の実態(2) 位相と大脳の関係

<位相と大脳の関係>

 心(ヌクヒブイ動帯)と地上の頭部魂オーブ球との関わりを説明しましたが、今度は空の上の「個人位相(意識当体)」と地上の「大脳アンテナ」とを結ぶ関わりの話です。心と切断されてしまうと、人間は立っておれず、自己を表現する事が難しい所謂寝た切りの植物状態を呈してしまいます(仮死状態)。一方、心は接続されていても位相との接続の一部が切れた場合の話ですが、生命コード(ズザネ管)の切断は即死(自律神経電流の停止)、タボ線の切断は身体随意運動の停止(内臓運動は停止しない)、また位相と分脳間との接続不良の場合は、記憶喪失症、ボケ症状、認知症、痴呆症を呈します。つまり自分がどこの誰なのか分からないと言う症状を呈する訳ですが、心が接続されている場合は、立っては歩くし、暴力は振るうは、おまけに言葉を喋るので、尚更扱いが難しい事態となります。オーブ球と心の接続不良は主に頭部に対する激しい衝撃などで発生しますが、大脳と位相の接続不良は主に大脳の全体電位の下降、左右の分脳電位の出力の問題(六道劣化)、魂電位の下降、位相電位の下降、脳アミロイド蛋白の変成、霊的な憑依作用、脳溢血や脳癌や脳腫瘍や脳ウイルス繁殖などに拠る弊害等が原因として上げられます。これは地球の医学知識では無く、当方の医者である「人間王国医療団」の医学知識に基づく見解です。

 位相と最も深く関わっているのが地上の大脳アンテナであり、その中でも主に分脳(左脳と右脳)との関わりが一番密接です。左脳は位相へアクセスする役割であり、地上の様々な事象を送り届けます。その地上の問題を受け取った位相がヌクヒブイを使って計算しその答えを導き出します。別に左脳が物を思索して考えている訳では無く、「位相-ヌクヒブイ・コネクション」とでも表現しましょうか、この空の上で行われる両者のやり取りそのものが思索なのであり、それを大脳に送り返しているだけの話に過ぎません。また右脳は主にレセプトする役割であり、位相が各種の記憶を束ねて想起運動する様子を右脳がキャッチしているだけの話なのです。そもそも大脳とは基本的に物を記憶する器官でも無いし、物を考えて判断を下す器官でも無く、空の上にいる「我(われ)」と、地上出張所の「仮我(かりわれ)」を結び付ける為の道具であり、送受信アンテナという役割なのです。ヌクヒブイとオーブ球の関係も、知的な関わりは一切無く、生物体の運動のみに関わっています。つまり知的な事柄に関しては磁気系(意識系=位相系)が関係し、体の運動に関しては力学系(心系)が関係している訳です。

 左脳と右脳には「ニューロン・ループ単位=我々はN単位と称している」が存在し、脳細胞同士が側鎖電線を互いに伸ばしてループ状の電流細管を形成しています。一般的に誕生したばかりの赤ちゃんにはこのループN単位が800本ずつ左脳と右脳に備わっていますが、年齢に伴った知能の発達と共にこのN単位が増えて来るのが普通です。小学生の高学年では1000本〜1200本が普通であり、また高校生の終了時では1500本〜1600本というのが標準レベルの発育になります。60才までに2200本〜2600本というのが健全な発達レベルなのですが、この育成本数が低いと脳パワー(脳の体力=アンテナ出力)に劣り、明らかに頭の回転が鈍く理解力に劣ると判断されてしまいます。大人に成っても小学生レベルのN単位しか無い人を時折見かけますが(幼少時から勉強嫌いで物を考えない方に多い)、これは六道劣化症と呼ばれる宇宙共通の病状であり、「位相―ヌクヒブイconnection」の同会運動が下六道界のみに限定されて、年齢を経れば経る程子供に戻って、最終的には赤ちゃんや胎児にまで戻ってしまう生命の病です。劣化病患者はそこら中に溢れており、また健全な発達を見せて来た方でも、放射線などの影響により脳電位そのものが下降して認知症を発症させている人もいます。前者の認知症は治す事は出来ませんが、後者の認知症ならば我々の医学では簡単に治せます。

 

 問題は、こうした医学知識が地球の医学にはまるで無いという事であり、余りに低劣な医学レベルなので我々は驚いている次第です。そもそも体のホルモンって88種類も在るんですよ、なぜ発見出来ないのでしょう。胃腺や腸線から放出される二種類の粘膜調整ホルモンが在りますが、それが詰まって分泌が滞ると胃壁や腸壁に潰瘍やポリープが一杯発生して来ます。胃壁に強烈なパンチを喰らわせた結果、ホルモン詰まりが解消され、たった三日間で全ての潰瘍やポリープが消え失せたという症例は結構あるのです。胃腸の外に付着しているグリンピース大のホルモン分泌器官にどうして気が付かないのでしょうか。地球の医学者達は一体身体の何処を見ているのでしょう。自称「脳科学者」という連中がTVに出ていますが、彼等は科学者ではありませんね。芸能人なんだと思って私も笑って見ていますが、時折彼等を見ていると世を儚んで寒気を感じるのです。それを豚語で表現すれば「あ〜、ブヒン」でしょうか。

 

 


オリオン牧場の似非科学の実態(2) ヌクヒブイ動帯の可動域

 

<ヌクヒブイ動帯の可動域>

 霊界の位相群の中の一位相、それがあなたの記憶を持っているあなた自身の意識当体が存在する場所ですが、その位相は型枠に嵌められて身動きが取れない状況にあります。心活動の特徴は地球磁場圏の12磁界を秒単位で飛んで歩くという事です。この話はもしかしたら少々受け入れ難いかも知れませんが、地球磁場圏の12磁界は大きく四つに分かれて、第1磁界〜第3磁界は「本能階」、第4磁界〜第6磁界は「知性階(感情階)」、第7磁界〜第9磁界は「理性階」、第10磁界〜第12磁界は「精神階」と分類出来ます。特に真ん中の第6磁界も含めて第1磁界までを「下六道界(肉体を操作する領域: 抑圧界域)」、第7磁界も含めて第12磁界までを「上六道界(思考する領域: リラックス界域)」と定めています(図表参照)。人間の心はこれらの階層を秒単位で動いており、半径800万kmにも及ぶ地球磁場圏を所狭しとばかりに動いています。この様な心の力学的な可動帯(ヌーエ動帯もしくはヌクヒブイ動帯)を操作して、用途やその場に合わせた磁界領域に瞬時に同会させて行く「収縮膨張運動」を神語では生命の「ネブヤハゲル運動=心運動」と定義しております。皆様が普段の生活で自己の心の居場所を意識しているかどうかは疑問ですが、今この文章の一節を読んでいるあなたは「知性階(物を覚える勉強の磁界)」に同会させており、ここに心を入力しない限り物を覚える事が出来ません。

 夕刻、会社から自宅に戻った瞬間にあなたは緊張を解いて(目線を上げて)ソファにドカッと座り込みます。こうして時折リラックス磁界に入力してやらないと、抑圧から解放されず神経的に保たないからです。理性階域はものを思考する磁界であり、体を操作する磁界では無い事から、お風呂の湯船に浸かりながら本日一日の出来事を確認し、「あれはチトまずかったかも知れない」とか「そうだ明日の朝礼の時に皆に話そう」とか頭はクルクルと回転していますが、余り考え事ばかりしていると風呂場で足を滑らせて転倒したりする可能性もあります。明晰な頭脳回転が出来るのが理性階の特徴であり、長時間に渡る思考作業も余り疲れないのが特徴です。しかし、その領域を越えて心を更に上げてしまえば、「心ここに非ず(地に足が着いていない)」の状態となり、夢想領域とも瞑想領域とも言える精神階域に入ってしまいます。そこより上は睡眠の磁界(仮死状態)であり、気が付かない内に寝込んでしまう様です。もともと心のサイズは地球磁場圏大であり、肉体操作が可能な第6磁界以下に同会させると言う事は、半径800万kmの自己の心を地上スレスレまで圧縮して目線を下げる行為であり、当然それでは長続きがせず、瞬間瞬間目線を吊り上げてリラックス磁界に同会させないと一時間すら保たない事になってしまいます。

 

(心の可動領域: 地球12磁場圏)

 

 

 ところで、ここで言う所の「心の可動帯」とは具体的に「何の事」なのでしょうか。実は地球磁場圏の端の端には力学層であるネブヤハゲル層が存在し、そこには数千億枚もの「ヌーエ動帯」が詰まっています。位相がものを分析しようとしたりあるいは地上の肉体を睡眠から目覚めさせる時は、この「ヌーエ動帯」を呼び込んで位相の現行意識をこれに転写するのです。転写された「ヌーエ動帯」は「ヌクヒブイ動帯」と呼ばれて、これが個々の心活動の因子となります。あなたが集中したりリラックスする度にいちいち高度を変えているのがあなたの位相の象徴物である力学帯の「ヌクヒブイ動帯」なのです。皆様は毎日自己のヌクヒブイ動帯を駆使して心活動をしています。一般に自己のヌクヒブイ動帯は二日間使用すると三日目の朝には新しい物と交換されますが、交換日の朝は特に寝ぼけが激しく時折前夜の記憶が飛んでいたりしますが、初期化されたおニューのヌクヒブイ動帯は鮮明で透き通っており、昨日を引き摺らないシャキッとした感覚になります。膨張収縮がテキパキと出来るみたいです。コテコテに疲れ果てて爆睡を決め込むと、次の目覚めでは前日のヌクヒブイ動帯は殆ど交換されているのが普通です。仮にあなたが覚醒して悟りを開き、太陽磁界生命になると、あなたの心運動は太陽磁界の方で営まれる様になり、混雑した惑星の喧騒から逃れて広い領域を自由に一人占め出来る事になります。

 さて、空の上のヌクヒブイ動帯と地上の肉体を直接結び付ける接点が皆様の魂体の頭部魂に存在するオーブ球です。これは動物であれば必ず備えている「力学指針球(力学レセプター)」であり、地球磁場圏を取り囲む「天体力体(正八角錐構造)」に反応する力学磁石の様なものですが、自己のヌクヒブイ動帯とも連結しています。中脳水道の真ん中に在って(眼と眼の間の鼻の付け根の奥: 眉間の中央)、ズザネ管のバイオン噴出部の内部に位置するものであり、身体の空間認識や体の平行バランスや空間に置ける体の座標点を認識出来るものです。一般に魚類や鳥類の頭部魂オーブ球は良く発達していて、帰巣本能や空中バランスを奏でるものですが、この力学支点とヌクヒブイ動帯が繋がって自己の心の収縮膨張運動が起こります。ボクサーが強烈なパンチを顎や眉間に喰らうとガクッと崩れ落ちますが、それは物理衝撃で頭部魂オーブ球が振動し自己の心(ヌクヒブイ動帯)との接続が一時的に切れてしまうのが原因なのです。生物の体魂には腹部魂オーブ球というもう一つの「力学レセプター」が存在しますが、これは所謂「臍下三寸(臍の奥三寸の箇所の意)」にある体の力学重心点の事です。これらの二つのオーブ球は地球の天体力体と密接に関係し合っており、頭部魂オーブ球はヌクヒブイ動帯と、また腹部魂オーブ球は天体力体の重心点と同調同期しています。

 

(人間球体図と二つのオーブ球図)

 ちなみに、人間生命の場合は満22才の年齢を迎えると、男女とも神々もしくは創造主が二つのオーブ球を繋いでオーラ球の表層部まで続く「デジタル魂通信回線」の配線設備と、オーラ球の外側を囲う「三角力帯」という力学場を装着してくれるのですが、神々の世界が瓦解してから既に久しく(40年間が経過した)、現在それらが装着されている年代の方は最低44才以上の人のみとなっています。前者は神々や他魂との交信能力を与える装置、また後者は心のグランディングの為の装置です。前者が無いとどんなに頑張っても霊界交信が不能であり、また後者が着いていないと精神が地にグランディングせず、プカプカと心を浮かせたままいつまで経っても精神が定まらない生き方をしてしまいます。当「機構」はいわゆる「人間王国の地上出張所」である関係から、デジタル魂回線の取り付け手術と三角力帯の敷設施行に関して、満22才以上の方ならば如何なる人でも希望が在れば無償で取り付けを行なっております(満21以下の年齢の方は取り付けが出来ないのでご了承下さい、対象は満22才以上の方のみです)。本来は神様がやってくれる取り付け作業なのですが、地球には神様が一人も居ない関係から我々の組織がその義務を代行すると言う話でしょうか。

(人間魂の通信回線図と三角力帯図)

 

 

 

 


オリオン牧場の似非科学の実態(2) 脳と意識と心の関係

<脳と意識と心の関係> 

 人間生命を端的に表現すると「地上の人の肉体に憑依した天体生命」と言えます。肉体の五感から入力される感覚情報を空の上の電子位相で受け取って、そこで「あー何て美しいペルシャン・ブルーの海なのだろう、これが秋の海だー」と感動している姿は大脳の中で感じている事では無いのです。眼前に広がる碧い海の光景と、体に吹き付ける冷たい海風と、辺り一面に漂う潮の香りを、大脳アンテナ(送受信器)を介して空の上の我(自己)に送信しており、あなたは空の上で景色を識別し過去の記憶と照らし合わせて「何て美しい」と感動している事になります。我(われ)の固有の記憶を持ち、また我を意識してものを想うその生命場こそ「地球霊界」の中のあなた自身の位相だと言える訳です。皆様は目に見えないアストラル世界を覗く事は出来ませんが、我々は医学者の一人としてアストラル帯の修理修繕などを行なう関係上、電子バイオン(磁気)で満たされた位相の中に皆様の現行意識や現行記憶が存在し、そこに位相眼と呼ばれる映像装置がある事実も熟知しております。この位相眼が破壊されると眼球も視神経も脳も健全であるのに全く目が見えないんですね。位相の内部には地上と直結している口も耳も目も皆備わっているから驚きなのです。

 こうした個々の生命位相は、一本の生命コード(ズザネ管)と432本の運動コード(サイキック・コード: ヌサネ=タボ線)で地上の肉体と繋がっています。これらのコードが入力されるのは、あなたが母親から誕生した瞬間に行なわれるもので、ズザネ管が入力されたその刹那に位相電流(自律神経電流)が赤ちゃんの体内に流れて一人の天体生命が産声を上げる訳です。母親の胎内にいる間は母親の肉体の器官の一つとして動いていますが、誕生後は一つの自立した存在物として認められ、赤ちゃんは胎児期間を返納して一人の独立した位相生命体として扱われる事になります。肉体とは言うなれば「高性能センサーマシーン」であって、位相生命がそこに宿る意義とは、肉体と共に経験値を積み上げて、我と我が身を理解して宇宙を包括出来る生命に成長する所にあります。つまり生命成長の為に特別に造られた育成場こそ惑星霊界だという話でしょうか。宇宙で経験する出来事と、地上で経験する出来事は基本的に一緒、人間は宇宙の全てをここ地球内で経験する事が出来ます。地球も宇宙の中の一つ、マクロもミクロも大差が無いという話なのです。当然皆様は養育されている立場であり、まだ世間知らずの学生身分、ちゃんと勉強しないと一人前の社会人として地球の外には出させてもらえない事になります。それが銀河世間の常識なのです。小中学生が歌舞伎町をブラブラしたら駄目なんですね。

 さて、医学的な見地から大脳と位相の関係を説明させてもらえば、位相から発して尾骶骨から脊柱を貫くズザネ管の末端は中脳水道で開口しており、そこから位相バイオンが身体の外に吹き上がって魂体を包み込む「オーラ球」を形成しています(オーラ直径は2m以上)。この吹き出し口をスピリチュアル世界ではサハスラーラ・チャクラと命名している様ですが、これは厳密に言えばチャクラ孔とは言えない代物であり、正式には位相バイオンの噴出口です。この噴出口付近では大脳アミロイド蛋白(脳ミソ)に意識転写が行なわれて空の上の位相の地上出張所が形成されています。身体の運動を司るアクオン電線(随意電流)は大脳灰白質を形成するアミロイド蛋白を基点として発しており、アクオン電線内の水分子磁束に意識を乗せる事が可能になります。ピアノの鍵盤の上を飛び交うピアニストの指運動を見れば、そこに意識が宿っている事は一目瞭然、そういう芸術的な運動が出来る所が人間の凄さでもあります。一方、ズザネ管の側壁には位相電流が走っており、その電流はコリン電線(不随意電流)を介して「間脳」に集約され、脳幹を走破して末端組織まで電流が届く様になっています。早い話が心臓を動かし肺の呼吸運動を促す「自律神経電流」の事ですが、その発信源とは無論空の上の位相になります。右肩のタボ線を外すと肩の運動が不能となり、首筋のタボ線を外すと首を回す事すら出来なくなります。更にズザネ管を切断すれば一発で心臓が止まってしまう訳です。

 一個の単細胞生物を良く研究すれば、そこにも一本のズザネ管が入る口と、432個のタボ線が入力される神経分岐点が存在します。もともと人間の肉体の原点は一個の受精卵からスタートしており、60兆個の細胞から構成されているのでは無く、一個の受精卵が60兆個に増殖しただけの話に過ぎません。生物の基本形はあくまでも細胞であり、それは他ならぬ地球自身の子供であって、地球の進化成長に合わせて生物進化も進んで来るものなのです。生物の肉体は地球コアの成長に即応して自動的に進化するもの、だが生物の意識や心というものは学習や経験を介して知識や智慧の獲得によって進化して行くものであり、何も刺激が無く、何も学ばなければ、人間は何万年経っても同じ状態のままなのです。宇宙人の歴史を見ても、原始人に言葉を教えて文明を誘導して行く歴史が大半、我々の宇宙とは基本的に生命生産工場であって、幼弱な生命を教育して行く「学校」であると言えるのです。尻の青い学生の身分にも関わらず、一人で大きく成ったかの様なドヤ顔をして、俺達は文明人だと自惚れているその醜悪な姿勢は世間知らずの「愚か者」に過ぎません。馬鹿は馬鹿である認識を持たないと永久に馬鹿であり続けますが、聖地の優秀民族がそうであっては我々としても大変困る訳です。それと学校の中で戦争されるのも本当に困りますね。地球の終焉(天体寿命)が間近に迫った状況であるのに、救出船すら出せない戦争状態では一体何の為にやって来たのか我々の存在意味すら影が薄くなります。

 余談はさて置いて、生命当体とも言える現行意識が実在する「位相」ですが、ここは自意識を囲ってものを思う場であっても、残念ながら思考する場ではありません。もう一度言い直しましょう。位相は記憶を想起して我を意識しものを思う場であっても、物事を思考分析して推測判断を導く理性的な場では無いという話なのです。肉体センサーから入って来る情報に感動して「あー、何て美しい海の色だろう」と感じているのは位相であり、それは過去の映像記憶と照らし合わせて感動している訳です。その状態は位相内の電子バイオンで感じているのですが、この美しい情景を写真に旨く収めてフェイス・ブックに乗せたいと思った次の瞬間には、写真の構図に対して頭がフル回転をしており、陽光に反映する波の煌めきを入れたいとか、船尾の影を旨く利用しようとか、海と空のバランスの配分をどう決めようとか、あなたは位相の静止モードから一挙に心の可動モードに切り替わっているのです。ボャンとした意識活動とは全く異なる心活動とは、素早く類推分別したり、損得を計算したり、目的の為の行動を起こしたりする事なのです(パースピレーションが激しいのが特徴)。では具体的に意識活動と心活動のメカニズムに付いて説明しようと思います。ちなみに肉体(陰)と比較すれば、意識や心の活動は陽に分類されますが、その陽の中にも陰陽が存在し、意識活動が陰、心活動が陽に分類出来ます。

 

次回に続く

 

 


オリオン牧場の似非科学の実態(2) 血液は体の何処で造られる?

<血液は体の何処で造られる?> 

 オリオン・ヒューマノイドは地球の医学分野や薬学分野にも進出しており、この分野の目も当られないおぞましい惨状を見れば、これはもうあなたに取って他人事ではありませんね。これから病院や薬局に足を運びたくなくなる様な「イヤー」な話をしますが、是非知りたいと願う方には読んで頂きたいものの、興味本位に首を突っ込む程度なら、最初から読まない方が無難かも知れません。そもそも我々は世の中に混乱をもたらす為に真実を披露している訳では無く、学問としての医学を正しい軌道に戻して健全に発達させたいと願い、宇宙人の嘘を暴露している次第です。我々が現行の地球医学に言いたい事は主に五つ、「大脳は物を考える器官でもないしまた記憶する器官でも無い」「DNAは遺伝子情報では無く分子合成情報を所有しているだけ」「血液は腸内血管で生産されており骨髄では造られていない」「体細胞の体外再生は不可能(再生医療とは似非技術)」「癌とは反電荷細胞のことである」ですが、本日は特に「血液は体の何処で造られている?」という話をしたいと思います。

 エッ?  「オリオンも宇宙人、君達も宇宙人、どっちも信用できん」ですとー、ウーンまあそういう意見もあると思いますね。ちなみに我々の話が本物なのかどうか、それを見極める方法は自分の頭で物を考えて、道理的にシンプルに納得できる方が真実であると相場が決まっています。その様な意味では、我々は良い方の宇宙人、いや悪くは無い方の宇宙人と言った方が適当かも知れませんね。勿論、地球にやって来た魂胆は別にあります(銭を稼ぐ為に来た訳では無いが、宝物を探しに来た)。さて話の本題に入りますが、地球人の研究者で「千島喜久男博士」という方が居ました。彼の積み上げた膨大な研究資料が「千島学説」として現在でも生き残っているのですが、銀河標準レベルの医学知識と「千島学説」とは基本的な一致を見ております。医学に関しては、我々は独自の医療団を有しており、宇宙一高度な医療技術を備えていますが、そんな我々の眼から見ても現代医学は嘘のオンパレード、根本的に何もかも間違っておりトチ狂っています。血液が骨髄で造られていないのに、白血病の治療の為に「骨髄バンク」を造って、それを患者に注入した所で病気の治療には成りませんし、またIPS細胞で再生医療を試みても、それは単にバイ菌シートを移植しているだけの話、身体に害悪を及ぼすだけで何一つ治療には成っておりません。最悪なのは抗癌剤と称して発癌剤を打って人々を殺していると言う事でしょうか。

 一個の細胞を研究する場合、最も基礎的な事は細胞の電磁気的な背景と、その命の構造を把握する事です。細胞の内容物に気を捕われていると物質的あるいは化学的な形質ばかり追って、肝心要の本質を見落としてしまうものであり、細胞を「細胞たらしめている」のは生き物としての個の命、その命を細胞がどの様にして囲(かこ)っているか、先ずはそこからスタートしなければ成りません。下記の図は細胞の命と、それを奏でる赤道コリン電線の詳細図です。細胞の表皮膜(単孔膜)の内部に鎖状に配列しているコリン電線、そこに電流(水素原子電流)が流れて始めて、細胞の命である所の「細胞電磁場」が形成される訳です。お粗末な地球の電子顕微鏡でも、表皮膜の下部に走るコリン電線の存在は確認できる筈、先ずは赤道コリン電線の存在確認と、そこに流れている電流を確認してからのスタートでしょうか。コリン分子の存在は知っているのに、それを栄養素(食べ物の一つ)だと定義している現代医学、「コリンが食い物ですって?」、冗談も大概にしなければ成りませんな。宇宙人だろうが地球人だろうが生物体の神経は随意神経(アクオン電線)と不随意神経(コリン電線)から成り立っているのですから。

 

 (細胞コリン電線)

 

(神経コリン電線)

 

(コリン鎖の構造図)

 さて、ここからが本番の話になりますが、細胞が個々の命を囲っても(地の命=陰)、その個の命を操作する上位の生命(意識や心などの天の命=陽)と合体しない限り、細胞は体の意志に基づいた発動を起すことが出来ません。バイ菌や病原体などの外細胞の場合は地球磁場圏の「単細胞層域」と1本の生命コード(ズザネ管)と432本のタボ線で繋がっており、彼等は個の意識を宿した自然界の自律生命体と言えますが、生物体の体細胞の場合は自然界とは直接繋がっておらず、「身体アストラル」と呼ばれる所の中間介在物と接続されています。この身体アストラルという存在物こそ体全体の意志を呈示する物に他なりません。皮膚細胞は体全体を包み込む「皮膚アストラル」と、一本のズザネ管と432本のタボ線で繋がっており、また肝細胞や腎細胞は「肝臓アストラル」や「腎臓アストラル」と呼ばれるそれぞれの意識当体と接合されています。つまり身体アストラルとは個々の細胞を操作する為の「霊界」見たいな存在であり、それは人間の意識を奏でる「位相」と一緒のものだと言えます。一個の肝細胞が肝細胞としての働きを示すのは、肝臓アストラルとズザネ管とタボ線で接続されているからであり、未分化のES細胞(血小板細胞のこと)が肝臓アストラルと結合を果たすと「肝細胞」に分化したと定義される訳です。

 もし仮に、人間の肝細胞の一つを体外に取り出せば、肝臓アストラルとの接続が切れる事になります。その細胞はやがて死ぬ筈なのですが、完全に死ぬ前に初期化して分化を解いてやれば(例えばiPS細胞の細胞質融合などで)、それは誕生したばかりのおニューの細胞と変わりが無く、そういう場合は自然界のズザネ管が間違って入力されてしまい、元は体細胞なのにバイ菌の一種として生まれ変わる場合があります。それを培養して肝細胞シートなる細胞群を創り出しても、それはただのバイ菌と変じており、そんな危険物を人間に再移植すれば、そこから組織が腐って来るのは当たり前の話なのです。スタップ細胞もiPS細胞も実在します。しかしながら、それらは外細菌として蘇生した細胞であり、いずれも人体に戻すことは出来ない代物なのです。皆様の目には見えないかも知れませんが、口内細菌でも結核菌でも外細菌の特徴は人体の外から入る長いズザネ管が見える事です。特殊な光を当ててやれば銀色に輝くのですが、まるで納豆のネバネバ糸見たいなズザネ管を見て、その人が口の中一杯にバイ菌を抱えている事が分かります。iPS細胞の角膜シートから出る無数のズザネ管を見れば、それが外細菌である事実が確認できる筈です。医学のいの字も語れない程の無知文盲なる地球人、自分達は本当は何も知らないんだと言う自覚を持たないと、医学の発展は見込めませんね。

 さて、最後に血液細胞の話をしますが、一個の血小板細胞が成長して、その途上行程で各種のリンパ球や顆粒球に分派して行きますが、その大半の血小板細胞は赤芽球を経て赤血球へと成長して行きます。一方、白血球やマクロファージは最初の血小板の段階から独自の成長行程を刻んで行きます。成長した赤血球は自ら「造血幹細胞」へと成る為に「脱核膜」を起して、円盤状の赤血球へと形体を変化させて行きます。これは核膜の構成を解いて、内部の核酸と細胞質が直接触れ合わせる為のものであり、その結果「無限増殖」を可能にする無核細胞と変じた赤血球が、無糸分裂を連続的に行なって小さな細胞体を大量に造り出します。それがいわゆる血小板細胞(赤血球の子供達)であり、未分化のそれはES万能細胞として身体組織の細胞欠員の補充役として働きます。要するに、血液は「赤血球サイクル」と呼ばれる循環方式で誕生しているので在って、骨髄細胞などもともと何んの関連も無いものです。赤血球が無糸分裂で子供を生産する場所は主に小腸内部の血管網であり、細胞の食料となる栄養素が一杯在る所に限定されます。一体、どこの誰が全く関係が無い骨髄細胞を造血幹細胞だと定めたのでしょうか。我々は普通に肝細胞再生移植や腎細胞再生移植をやっていますが、使用しているのは基本的にその方の血小板細胞であり、外で造ったバイ菌細胞など使用しておりません。千島学説でも同じ事を言っていますが、体細胞が有糸分裂するケースはほとんど無いのが現実ですよ。

 

次回に続く

 

 

 


オリオン牧場の似非科学の実態(1) 石油はどうして生れた?

<石油はどうして生まれた?> 
 
 石油の起源を正確に知る者は多分いないと思いますが、しかし地球磁場圏には原始時代からの映像記録が磁場に焼き付いており、お馬鹿な科学者の想像仮説よりも過去の映像を見て解析した方がよっぽど確かであり、ずっと信頼がおけます。地球には未来の記憶はありませんが、過去の事なら何でも記録が残っていると言う話であり(磁場記憶)、地球人が捏造した科学仮説(オリオン介入)は一旦脳裏から捨て去った方が良いと思われます。私は映像を見ながら解説している訳ですから、地球人の推測よりは少しはまともかなと思っております。ところで、我が国の古事記の中の一節(創世編: 特別な五柱の天津神の項目)の中に「次に国稚く浮ける脂の如く、海月なす漂えるとき、葦牙の如く萌え騰る物によりて、成りし神の名は宇摩志阿斯訶備比古遲神、次に天之常立神。この二柱の神もまた独神と成りて、身を隠したる」という文章の一節が出て来ます。この後に伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)が海を天の沼矛(あめのぬぼこ)で突いてオノゴロ島を造るという情景が説明されています。さて、原始地球の様を表現した古事記の創世伝は意外と真意を有りのままを伝えており、素直に受け取れば良いんだと感じた次第です。生物が出来る以前の大昔、神様など誕生する以前の神話で在って、古事記に登場して来る神とは生命の意味だと捉えると分かり易いかも知れません。
 
 「地球の原始海洋の表層面には大量の有機物(脂)の塊が漂い、そこから生物の源と成り得る無数の有機分子(宇摩志阿斯訶備比古遲神)が誕生し、やがてそれらは天(地球)の化身である細胞群(天之常立神)へと成長して来た(身を隠した)。何も見えない大海原に地球第一磁界(コアのこと: イザナギ尊)と地球第二磁界(地表のこと: イザナミ尊)が共同作業で海の底から陸地を誕生させた」私には古事記がその様に物語っていると感じられるのですが、あなたはその文意をどう受け止めたのでしょうか。創世編を除くと嘘の多い古事記の文献など、所詮どうでも良い話ですが、科学的には「まんざらでもないぜ」という事でしょうか。コアが熟成したばかりの原始地球は現在の月よりも体積が小さく、満々たる水を讃えた陸一つ見えない「小さな水の惑星」でした。アンモニアやメタンからなる原始大気の成分が海に吸収されて行くと、大気が透き通る事は勿論、海洋表面には大量の有機物の塊が形成されていました。それらが太陽の陽光を受け止めて、左旋光性有機物(L系=陽)と右旋光性有機物(D系=陰)の二種類に大きく分かれて行きます。これらの二種類の物質はL系の化合物のみが生命の素材となり、その多くの物(原始核酸分子、原始アミノ酸、原始糖類など)は海中に溶け込んで行きました。それに対して難溶のD系分子は徐々に沈殿を起して海底に積もって行きます(石油の起源)。
 
 生物体を構成する全ての有機分子が基本的にL系分子である事実を鑑みれば、また有機物の合成の際にはD系分子とL系分子がまるで男女の比率の様に均等に(五割五割に)誕生して来る事を考えれば(混合体: ラセミ体)、L系のみが生物体の素材として使われ、またD系はただの有機物材料として居残るものだと常識的に考えられます。皆様も承知の様に、石油は砂漠の様な低い土地や、海底の中からしか産出して来ません。アルプスの山麓から石炭の産出は有りえても、石油の産出は有りえませんね。これは一体どういう意味なのでしょうか。実はこれが星のコア(重列元素)の成長と関係が在って、地球は小さな水の惑星から始まり、コアの膨張と共に体積を増して海が段々浅く成り、海底火山の山頂が陸として突き出て来たのです。つまり海の底から陸が浮かび上がって現れて来た訳です(図参照)。古事記には海洋を抱く地球第二磁界と地底の地球第一磁界の共同作業で陸地(島)が形成されたと書かれており、それに相違はありません。その昔、D系の有機分子だけが海底に降り積もり、それらが圧力を被って重合体分子へと変成したものが石油なのです(海底のメタンハイドレードや天然ガスもその一種)。

                                                        

                              (コア成長の段階図)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 宇宙空間の重水素ガスが重力によって圧縮配列した物が「デュートロン重列体(重列元素=コア)」であり、その核崩壊によって100種の元素が誕生し、その崩壊熱でマントルが燃えている訳です。またコアが段階的に膨張し大きく成って来たから、最初に形成された地殻(ゴンドワナ)がひび割れて大陸が移動した様に見えるだけの話であって、地球の科学者達にはなぜかコアの膨張という概念が欠如しています。無論コアを膨張させる内部圧力が地震の根本原因である事もです。コア(重列元素)は磁性を放出して「地磁気圏」を形成していますが、それを地球磁場圏(渦磁場)と混同している所が終わっていますね。混同しているから地軸が反転すると騒いでいるのだと思われます。コアは地球スピンとは同調せず独自に回転しており、時にはNSが逆転する場合もありますが、それはコア磁性のNS逆転であって、渦磁場そのもののNS逆転(地軸逆転)とは無関係な話なのです。コアの磁性を知った科学者が「コアの主成分は鉄だ(磁性を持つから)」と主張しており、その余りの馬鹿さ加減には笑いも出て来ません。
 
 真実を隠そうとして宇宙人が嘘吹いてるならともかく、洗脳され頭から信用している先生達の顔を見る度に苛立ち、また「そーなんだ」と微塵も疑わずに納得している学生達の阿呆面がまた腹立たしいと、地球人では無いこの私は特にそう感じるのであります。ただ知識を覚えているだけで、自分の頭を使って判断していない、それがチト情けないですね。宇宙創成紀の置き土産である重水素ガスを求めて、その昔はプレアデスが(重水素化ゲルマニウム合成の為)、近年ではベテルギウスが(D-tube合成の為)、原始星雲に出向いて盛んに重水素工場を建築していましたが、現在の地球人がその価値に気づく事は無いかも知りませんね。重水素ガス(デュートリウム)や三重水素ガス(トリチウム)と言えば「水爆」の原料とされていますが、はて何処の国なのか知りませんが、現実には有り得ない架空の爆弾である水爆を装って、一度に原子爆弾を三個も爆発させた間抜けた国もある様です。どこを見てもお馬鹿のオンパレード、付き合い切れませんな。ブヒン!!
 
 
次回に続く
 

オリオン牧場の似非科学の実態(1) 蛍光灯はなぜ光る?

 

<蛍光灯はなぜ光る?>

 蛍光灯がなぜ光るのか、その本当の原理を知る者は地球人には居ません。原理は分からなくても照明道具として既に使っているのだから今更原理を掘り返す必要が無いという短絡的な姿勢が、いつまで経っても無知の壁を突破できない「アンポンタン科学」を構築してしまったのです。蛍光灯は真空放電管を利用したものであり、陰極の金属を熱して「熱電子」を放電管の内部に放出して初めて光を発する様になります。そもそも光とは粒子振動によって生じて来るものであって、それは空間媒体である気の粒を伝導する「波」の事です。ニュートンやアインシュタインは、光の正体とは「光子」であるという粒子説を主張しましたがそれは「嘘」です。粒子が波形運動をして飛翔する訳がありませんね。「なぜ嘘だと分かる?」と言いたい方が居るかも知れませんが、アインシュタインの顔写真を見れば嘘か真実か明白に分かると思います。オリオン野郎の彼は「アッカンベー」と舌を出しており、それは嘘を付いている証拠ですね。冗談はさて置き、蛍光管を光らせる為には内部に閉じ込めた粒子ガスを一斉に振動させなければ発光現象は起こりません。仮に電子銃でガス管を打った所で、電子衝突で発光するガス分子は手前の部分のみ、蛍光灯の様にガスの全体を振動させる事はできません。

 真空放電管に高い電圧を付加すると、陰極からは「陰極線」と呼ばれる正体不明の磁力線が出ている事は19世紀の半ば頃(1858年)には人類は既に分かっていました。その陰極線自体が蛍光を発し(周囲の大気分子を吹き飛ばして発光する)、まるで棒の如く磁石の磁力線に反発して動く事も実験を通して分かっていました。問題はこの陰極線の正体であり、それが分からなければ蛍光管の謎は永遠に解けない事になります。なぜならば蛍光管とは真空放電管の事だからであり、この研究を通して人類は初めて電気を運ぶ当体(キャリア)としての「電子の存在」に気づいたからです(1897年)。ここで頭を整理して考えてみましょう。人類はその頃には既に電気を起こして利用していました(18世紀初頭から)。電子の発見が約200年後だった訳ですが、電子とは余り関係の無い電気の存在と、電子が関わる電気の存在という二種類の電気に研究者達は頭を悩まし続けていたのでした。実は電気に関して人類の頭が整理できない理由は、「電圧と電流の定義」が間違っているからであり、電圧流(起電流=大電流)と、それによって生じる電子電流(直流=小電流)という様な区分けができておれば何も問題が無かった事になります。

 発電所や発電機から生じて来る電気は起電流の方であり、それは磁気の流れですが(大電流)、それを金属に流すと電子が配列して電子の磁束流(小電流)が生まれるという構図こそ電気の実体なのです。それなのに電気を水道管の水流と水圧に例えて説明しているから生徒はチンプンカンプンになってしまう訳です。そもそも電気を教える立場の先生が良く分からないままに生徒に教えているから、良く理解できない子供達は電気離れを起こして行くのです。さて、話を本論に戻しますと、真空放電管から出ている陰極線とは、実は電子が数珠状に配列した無数の電子バイパス(電子鎖)の事であり、それらの電子の供給元が陰極部の金属なのです。真空空間に電子を配列させる力とは、陰極から陽極を貫通して走る大電流(起電流)の方であり、それが真空管の中の電子を棒状に配列させており、その電子バイパスの中を貫通して走るのが「電子磁束(電流)」であって、その電子磁束が陽極に影を落とし、陽極に対して物理的な衝撃を与えているのです。また電子バイパスの電子間隙から漏れ出した電子磁束が気薄な大気分子を弾き飛ばし、あるいは封じ込められたガス分子を弾いて発光せしめているのです。

 

(蛍光管の電子バイパスと磁束の流れ)

 

 従って、1897年のトムソンの電子発見は電子では無く、電子磁束を電子だと勘違いしただけの話、それ以来彼の勘違いは今日まで続いており、TVの電子銃から実際に電子が飛び出していると思っているから呆れてしまいます。TVの電子銃から放たれているのは陰極線であって、TV画面に映像を刻んでいるのは電子では無く、電流線(電子磁束)に他ならないのです。ところで、小電流の方は電子間隔が開き過ぎると電流そのものが途絶えてしまいますが、大電流(起電流)の方は、電子があろうが無かろうが、あるいは真空であろうが無かろうが、それとは無関係に物質を伝導して来ます。高圧電線は絶縁体でくるんでいるにも関わらずそれを貫いて電気が流れており、実際に電線に触れて無くても感電が起こります。電気には直流に象徴される小電流と、交流に象徴される大電流という二種類が存在する事実をちゃんと認めて頭を整理しなければならないでしょう。

次回に続く